道義主義とは?

道義主義とは、主に次のようなものです。


1.「道義主義」とは、人が行うべき正しい道すなわち「道義」を物事の根底に置く主義、思想のことです。

2.自由主義や民主主義も、「道義主義」という基盤の上に立った自由主義であり民主主義でなければ人間においては真の自由主義と民主主義とはならない。

3.人類社会のさらなる発展と進化のためには「道義主義」という概念を生活の中に取り入れなければならない。そうすることではじめて、自然界に光の三原色があるように、自由主義と民主主義と「道義主義」がさまざまに混じり合うことで人間はバランス良く進化できるのです。

4.「道義主義」は、人間が生きる目的を持ち、人間として成長することに価値があるとする主義、思想です。

5.「道義主義」は、人間・人類自体も大宇宙・大自然の一部であり、人間が人の道を行うことは大宇宙・大自然と調和することであるとする主義、思想です。


  記事の先頭へ戻る


西郷隆盛の名言や生涯、の幕末や明治維新の動乱の生き方を早川幹夫が本にしました 仕末に困る人 西郷吉之助 一箇の大丈夫 西郷吉之助

早川幹夫著・西郷隆盛に学ぶ道義主義本、好評販売中
西郷吉之助シリーズは、幕末・明治維新の英雄といわれる西郷隆盛の思想や生き方を1つ1つ詳しく検証した本です。ぜひ、各書店、インターネット(Amazon)、お電話などでお求めください。

仕末に困る人 西郷吉之助

一箇の大丈夫 西郷吉之助

道義国家を目指した西郷吉之助

西郷隆盛の書籍に関するご購入・お問い合わせはこちら


ページの先頭に戻る