世界を平和に導けるのは日本人と日本国

現在の世界状況を見ると、私は日本人と日本国が自覚して、世界を平和に導くために踏み出すべきだと思っています。
日本語を話す日本人は、世界の混乱を善に導ける国民だと自信を持たなければなりません。

経済力といい、科学技術力といい、民度の高さといい、そして、何よりも日本人の精神文化にある寛容さ、潔さ、善の思想、和の思想など‥日本人と日本国以外で世界を丸くまとめる国は存在しないのです。

2017年1月20日アメリカ合衆国の第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任します。
これで、中国・ロシアに加え、米国も指導者個人の我欲が国家の我欲と化してくるでしょう。

これから、国益と称して、大国の我欲と我欲がぶつかりあう局面が多くなると思われます。
そんな時、テロや経済格差・貧困問題などに関して、いったい誰が、いったいどの国が、世界を良い方向に導けるのでしょうか。


私は日本人と日本国以外ないと思っています。
世界人類に貢献するのは日本国の役割であり、使命ではないでしょうか。

また世界を平和に導く処方箋は日本の精神文化の中にあります。
『目覚めよ!!日本人』
志ある人は、ぜひ、日本道義主義の会にご連絡ください。
03-6262-5168


  記事の先頭へ戻る


西郷隆盛の名言や生涯、の幕末や明治維新の動乱の生き方を早川幹夫が本にしました 仕末に困る人 西郷吉之助 一箇の大丈夫 西郷吉之助

早川幹夫著・西郷隆盛に学ぶ道義主義本、好評販売中
西郷吉之助シリーズは、幕末・明治維新の英雄といわれる西郷隆盛の思想や生き方を1つ1つ詳しく検証した本です。ぜひ、各書店、インターネット(Amazon)、お電話などでお求めください。

仕末に困る人 西郷吉之助

一箇の大丈夫 西郷吉之助

道義国家を目指した西郷吉之助

西郷隆盛の書籍に関するご購入・お問い合わせはこちら


ページの先頭に戻る