道義主義の会について

明治維新の英雄『西郷隆盛』の行動や名言から学んだ【道義主義】を世界に普及するために活動します

道義主義の会について

道義主義の会が目指すこと

今日の日本国内や世界で起こっている諸問題を見る時、自由主義思想と民主主義思想のみでは人類社会の発展はバランス悪く、非常に危うくなっています。

「人間」としての存在を考えると、そこには人間としての生き方が大前提に無ければなりません。
道義という、人間として行うべき正しい道が「人間」に存在してこそ、人間が他の動物と異なり人間として存在できるのです。

自由主義や民主主義の根底に道義という概念が存在してはじめて、それが人間にとっての真の自由主義であり、真の民主主義であるといえます。
私たち日本人には少なからず道義の概念が存在しています。
しかしながら、昨今はこの概念が大変気薄になっているのも事実です。

今後、日本をさらに良く発展させるためには、道義主義の思想を取り入れ、自由主義と民主主義に融合させることが必要です。
しかし、これらのことは、道義という概念が昔から心に息づいている日本人でなければできないのです。
私たちは日本をより良い国家にするため、自由主義と民主主義に道義を融合させた道義主義国家を目指すことを会の設立目標としています。

道義主義の会の主張

1. われわれ道義主義の会は

自由主義と民主主義の根底に道義すなわち人として行うべき正しい道を置くことで、自由主義と民主主義が人間にとっての真の自由主義となり民主主義なると考えています。

2. 道義主義の会は

"日本が良くなることが世界が良くなること"の視点で捉え、まず日本をより良い国家に、その上で世界の人類をリードする道義主義の考え方を普及することをめざします。

3. われわれ道義主義の会は

日本人の精神に息づいている道義という概念を大切にし、政治・経済・教育など国家の行為や、日常の社会生活の中で失われない環境をつくります。

4. 道義主義の会は

全ての子供の教育機会均等、医療費無料化等安心して子育て出来る環境づくりを目ざします。

5. われわれ道義主義の会は

国民が安心して安全に暮らせ、一人ひとりの国民が夢や希望を持ち、人間として成長できる環境作りをめざします。

道義主義の会がめざす国家像・政策

1. 道義国家

自由主義と民主主義に道義主義を融合させた道義主義国家の実現

2. 無税国家

50年後を目標とする無税国家構想の実現

3. 自給自足国家

予想される食料やエネルギー不足に対し最大限の自給自足体制の実現

4. 道義主義の会が実現させたい政策

1. 国家財政の予算執行を単年度でなく複数年の適正執行とする。

2. 機会均等、公平・平等な教育、福祉、医療体制の確立をめざす。

3. 国家政策の戦略的運用を方向づける国立シンクタンク機関の設置

4. 道義主義を推進する人材の発掘、支援
次世代国家を担う有能な人材の発掘、育成・支援する。

5. 西郷隆盛の思想と功績を小学校教科書で採用する。
明治維新、近代日本を築いた功労者大西郷を教科書の中で後世に伝える。

6. 道義主義「西郷塾」の開設
全国各地区で西郷思想を継承する道義主義「西郷塾」を開設する。

7. 西郷シンポジュームの開催
全国の西郷研究者、西郷顕彰団体等を結集したシンポジュームの開催。

道義主義の会 本部

代表 早川 幹夫 株式会社学生サービスセンター 代表取締役
事務局長 下京田 曉 NPO法人ネットワーク薩摩宿 代表
企画担当 櫟山 和彦 オフィスくぬぎ 代表
広報担当 植村 耕二 株式会社メディア・オアシス 代表取締役
青年部 松元 洋一 薩摩から誇りある日本をつくる会 代表
鹿児島 宮村 幸子 (株)モバかご 代表取締役
道義主義の会会員募集
西郷隆盛の名言や生涯、の幕末や明治維新の動乱の生き方を早川幹夫が本にしました 仕末に困る人 西郷吉之助 一箇の大丈夫 西郷吉之助

早川幹夫著・西郷隆盛に学ぶ道義主義本、好評販売中
西郷吉之助シリーズは、幕末・明治維新の英雄といわれる西郷隆盛の思想や生き方を1つ1つ詳しく検証した本です。ぜひ、各書店、インターネット(Amazon)、お電話などでお求めください。

仕末に困る人 西郷吉之助

一箇の大丈夫 西郷吉之助

道義国家を目指した西郷吉之助

西郷隆盛の書籍に関するご購入・お問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る